<   2009年 03月 ( 2 )   > この月の画像一覧

まず、ごめんなさい……。m(_ _)m

 今週、諸事情により、本サイトは更新できておりません。
 来週末にはガッチリ行きます(予定)ので、今しばらくのご猶予を……。m(_ _)m

 とはいうものの、実は、おねえさんと新宿でお茶してきました。
 で、そのときの会話。

私『ネタバレ禁止令出てるから内容書けないって書き込み、どう思います?』
おねえさん『そんなもの、インターネットの世界で当たり前のことを禁止令って、何?』
私『居るんですよ、そういう次元の方。ちょっと驚いたんですけど』
おねえさん『PWありとか、完全に内々のコミュニティとか、会員制のBBSなら解るけど』
私『完全にオープンなサイトです』
おねえさん『ひどいね、その感覚』
私『だから、試写会の客層も品がないのかも……。』
おねえさん『言えてるね。ところで、最近、何観た?』
私『ドロップ観てきました。観ました?』
おねえさん『観てない。どう?』
私『成宮寛貴いいですね。逆に水嶋ヒロはいかんですわ』
おねえさん『ダメな感じ?』
私『ぶっちゃけ後半は声出して笑ってました。ただ、監督が撮り慣れてないのは歴然ですね』
おねえさん『あ、なんとなくわかる』
私『映画としてのクオリティは低いかもしれませんけど、キャラクター個々は面白いですよ』
おねえさん『なるほどね』
私『ワルキューレ、どうですか?』
おねえさん『観ている間はドキドキしながら観れるんだけど、終わるとそれまでって感じ』
私『久々にトム・クルーズの映画で観たいと思ったんですけど……』
おねえさん『面白いのは面白いよ。ただ、なんだろうなぁ~』
私『トム・クルーズって、軽いイメージがあるような……・』
おねえさん『そんな感じ。せっかくドイツのイイとこついているのに、軽い感じはするね』
私『あの、ドイツの作品、盗聴してて、主演の男性、亡くなった……』
おねえさん『あぁ、“善き人のためのソナタ”』
私『それそれ!!! あの作品はすごかったですよね』
おねえさん『あれは感動した。でもあの感覚で観ると、所詮ってういうと何だけど、残念ながら、アメリカ製作のドイツ映画でしかない感じだな』
私『ヨーロッパの人が演った方が良いんですよね、きっと』
おねえさん『うん、そうだと思う』
私『ビミョーだなぁ~』
おねえさん『でも、観て損はないと思うよ』
私『解りました。観たかったので、そのうち行って来ます』
おねえさん『ところで“マダガスカル”は?』
私『当たらなかったし、まだ行けてないんです~っ!!! 早く観たいんですけど』
おねえさん『どっち観てる?』
私『“アイス・エイジ”は無条件で日本語吹き替えを観るんですけど、“マダガスカル”は最初が字幕だったんで、たぶん字幕を観ると思うんですけど、ペンギンくんたちの“あざーっす”も聞きたいんですよね~』
おねえさん『私、どっちも観たけど、吹き替え、行けるよ』
私『そうですか。吹き替えにしようかなぁ~』

 この後、延々とこんな状態で2時間くらい映画の話をしてたわけなんですが、↑読んでいただいて解るとおり、お互いが観ていない作品の内容については、一切話していないんですわ。
 普通は、コレが当たり前なわけですよ。
 ところが、ネタバレさせることが、ことと次第によっては、配給会社や製作サイドにとっての営業妨害につながるという認識がない人は、摘発されたときに、サイトの運営者に迷惑がかかるということまで考えていないから出来るのかもしれないけど、私のサイトで書き込みしやがったら、絶対にたたき出してやる。
 自分が応援している俳優さんの出演作品なら尚更、ご本人にさえ迷惑がかかることもあるという認識も持たず、ただ自慢したいだけの次元の低さには反吐が出る。
 全世界中の映画館から、永久に出入り禁止令を出してもらいたいですな。

 ま、私のサイトに来てくれる常連さんで↑こんな意識の低い人が居ないのは良くわかってるので、気分を害された方がいらっしゃったらごめんなさいなんですけど、もし、こんな人を見つけたら、直接関わらないで、そのサイトの運営者に知らせてあげてください。
 
 『あなたのHP運営の危機です!!! 注意喚起してください!!!』
 
 と。

 ルールもマナーも、本来は自分たちを守ってくれるものです。
 違反がカッコいいなんて思うような意識の低さでは、結局自分の首を絞めてしまいます。
 当たり前のことを、当たり前にしましょうよ。
 それが、オトナですよね。(^_-)-☆

 本日、怒り爆発のゆーこでした。
[PR]
by act-yuko | 2009-03-29 22:20 | 独り言

気疲れ? 働きすぎ? それとも……?

 哀しいかな、現在の日本、春一番ならぬ不況の嵐は、今尚、留まるところを知らず、全国を駆け巡っている次第で……。
 いやさ、別に私の文章能力を披露しようと言うわけではなく、単純に、この仕事の少ない現実が恨めしいだけで書き始めたら調子に乗っただけなんですけどね。(^^;

 実は、1月末で昼間の小遣い稼ぎ先の契約が終了になっており、Wワークで行っていた夜のバイト先に、人が居ないときだけ昼間入れてもらえるような状態で、なんとなく口を糊していたわけですわ。
 1月まで同じ職場に居た人たちで、何でも良いからと、手当たり次第仕事に就いては、すぐに切られ、また探すという手段に出たり、安くても良いからと就いた仕事先から、他に移ることが出来ず、動けずに居たりというような状態という話は聞いていた。
 ただ、この手っ取り早い方法は、先の見えない今の不況時世に、果たして有効な手段なのかどうか疑問に思ったので、私は一切妥協をせず、仕事を探し続けていたんですわ。

 そんな時、大手の派遣会社でも、新進の派遣会社でも、小さな派遣会社でもなく、Wワークで行っていたバイト先で持っている派遣部門から紹介をもらったんですわ。
 自分の好きな仕事ではなかったのものの、やったことのない職種で、でも興味はあるし、今までに経験のある業種の企業さんでの仕事。
 時間や場所ももってこいで、時間給にも納得。
 ただ、ひとつの事業所で二つの仕事が出来ないので、Wワーク先は必然的に辞めなければいけなくなってしまうというのが唯一の条件。

 でも、条件は飲んだ、というより、異動することに決めたんですわ。
 確かに、ものすごく仕事は評価してもらえているし、みんなと仲良くしていたのは事実だが、昼間の会社員を楽しんでいる不良役者としては、まともに、フツーに、昼間働きたかったので、多少の犠牲は厭わないことにしようと思ったんですわ。

 で、A子のひとこと。

A子『妥協してない?』
私『もうちょっと早く終われた方がうれしいけど、いまどき8時間勤務の条件も少ないしね。
 妥協はしてない』
A子『そんならいい』

 この言葉のありがたさが身にしみた。
 今のご時世、この話をしようものなら、『テレマ畑の人間が、何で事務方に行くのよ!!! 担当外は他にまわしなさいよ!!!』くらいのいやみを言われそうなものだ。
 もっとも、事務方の人間がテレマに回ってくるから、テレマがしわ寄せを食らっているので、今更こんな苦情を出してこようものなら、私ならぶっ飛ばすけどね。

 ところが、A子だけじゃない。
 ものすごく評価してくれていたWワーク先のチームリーダーも、一緒に仕事をしていた人たちも、みんな『オメデトウ』と手放しで喜んでくれる。
 この暖かい仲間から離れるのは、少々さびしいが、でも、この先会えなくなるわけじゃない。

 実は、前出のさとちゃんというお姉さんとも、ずっとメールのやり取りをしている。
 相変わらず、さとちゃんのメールは面白いのだが、そのさとちゃんも、決まった事を知らせると『おめでとう』と返信してくれた。
 このお姉さんこそ、バリバリこなせそうな仕事なのに、未だ仕事も決まっていないのに、手放しでピーカンメールを送ってくださったことに大感謝なのだ。
 
 他にも居る。
 Wワークから開放されるなら、しばらく夕方空くんでしょう? じゃあ遊べるね、と気分転換を促してくれるおねえさんがいたり、連絡先教えてと行ってきたかと思うと、翌日には絵文字満載のかわいいメールを送ってくれる子が居たり、どれだけ愛されてたか痛感せざるを得ないほどの人の気持ちに触れて、昨日は、いつにも増して、気が狂いそうなほどうれしかった。

 というのも、来週月曜から新しい職場に異動になるので、昨夜がWワーク先の最後の日。
 本当は、契約上22日まで働けるので、人の少ない3連休で手伝おうかと話したところ、リーダーが、もう良いから、前の日くらい休めと言ってくださったので、そのまま甘えさせてもらうことにしてしまった。

 最後の最後、JRでA子と一緒に帰ってきて、先に電車を降りた私が見送る状態になって、はじめて涙腺が切れた。
 泣き虫の私が、その時間までよく泣かなかったと、自分でもビックリするくらい気を張っていたらしいけど、さすがに最後にA子と2人になったので、気が緩んだのかもしれない。

 たった1年の間で、しかも、週3日程度、基本的には夜3時間くらいしか居ないのに、60人以上の顔と名前を覚えて、ほとんど話したことのない人がいないような職場というのも珍しいような気がするなぁ。
 でも、今度はそこから派遣されていくので、いろんな意味でがんばらないとね。
 みなさん、ありがとうございます。
 これからもよろしくお願いします~☆

e0072175_2010688.jpg



 
[PR]
by act-yuko | 2009-03-20 20:28 | 独り言