<   2007年 06月 ( 4 )   > この月の画像一覧

手相って、まんざらハズレでもないかも???

 過去に何度か手相を観てもらったことがある。
 最近、意図したわけではないが、観てもらえる機会が会った。
 で、またも同じコトを、しかもかなり具体的に言われた。

 ・情の深い人なので、ついお友達に入れ込んでしまう。
 ・20代と、30代後半から40代の間に婚期がくる。
 ・自分の家族と縁が薄い。
 ・芸能界向き。俳優業は天職。

 こんなことを言われるのは当たり前だったが、実は三番目……、具体的に、ハッキリと言われてしまったのだ。

 『ココにこの線があるということは、今はお亡くなりになっている親族で、ものすごく暖かく見守ってくれている人がいるんだけど、逆にこの線がかなりハッキリ出ているので、本来やりたいことを自分の家族に制限されていない? もしくは反対されているとか……』

 そのとおりです!!!と思い切り言いたかったが、『ふ~ん、なるほど。そうかも』とその場は受け流しておいた。
 家族に縁の薄い原因は自分でもよく解っていたが、その手相を観てくれた人によると、おそらく修復不可能な次元にまで、私が追いこめられているらしい。
 私が原因ではないらしいことは解ったが、やはりいささか寂しい。

 しかし、時間も場所も、環境も全く違うところで、全くつながりのない人が同じコトを言う辺り、手相って、まんざらウソでもないのかも。
 もっとも、一般的に占いは統計学だから、必ずしもって訳でもないでしょうけどね。
[PR]
by act-yuko | 2007-06-24 18:30 | 独り言

縁側でお茶飲む気分???

 昨日、『舞妓Haaaan!!!』を観に行く前に、少し時間があったので、かおちゃんと買い物をして、早めに映画館の前のロビーに行って、座っていたんですわ。
 とんでもない爪磨きを見つけてしまい、二人して買い込んでいたので、ロビーの椅子に座り込んで、日のあたるところで、コーヒーを飲みながら、並んで爪磨きしてたのだぁ~♪

私『銀座の映画館で、ふたりして爪磨きねぇ』
かおちゃん『ありじゃん』
私『ま、たまには、ね』

 ぶっちゃけ、お行儀のいいことではないんだけど、爪が削れることなく、ごみを出すことなく、しかもものすごい短時間で、ビックリするほどピカピカに磨けるので、面白くて、二人してハマってしまいまして……f(^-^;

 なんとなく、何を話すわけでもなく、ボソっと↑あんな会話したくらいで、いつも隣にかおちゃんがいるのに、上映中は喋らないから、たまに飲んだり、食事したりすると話が途切れることがないし、もっといっぱい話したいこともあるはずなのに、なんとなくボーっと並んで座って、爪を磨いている時間が、妙に気持ちよかったりして。

 なんとなく、縁側に座って、盆栽眺めながらお茶すするとこんな感じかなぁ???なんて、ちょっと思ってみたりして。
 でも、その後、阿部サダヲさんだもんねぇ。(ーー;)
 ま、それが、私とかおちゃんの関係かな???
 要は、何でもアリ!!!(爆)
[PR]
by act-yuko | 2007-06-17 22:51 | 独り言

う~ん(--;

 どうしても吹替えで観たくなくて、副音声にしたのはいいけど、英語と違って、スペイン語のセリフになると、=宇宙人語だから、いささか抵抗があるわけで……。

 あ、今、放送中の『Legend of Mexico』についてのお話ですわ。
 いきなり失礼しました。
 で、この作品は、かおちゃんと私が仲良く一緒にミーハー出来る作品なわけで、多分、かおちゃんはビデオをセットしてロスに行ったんだろうなぁ。
 多分、昨日の『ライアーゲーム』も録画したんだろうなぁ。

 それはさておき、誰かが、この『Legend of Mexico』をサスペンスアクションだと言ったらしい。
 で、かおちゃん曰く『あれは、アクションはアクションでも、サスペンスじゃなくて、コメディでしょう』とのこと。
 その意見には全く同感。
 というのも、かおちゃんの目はジョニー中心なので、コメディになるのはものすごく納得できる。
 ところが、アントニオファンとしては、言葉少ない、クールなマリアッチなんだけど、でも、ギターケースに関して言えば、ロドリゲス監督のオモチャ箱だよなぁ~。

 久々に、この贅沢キャストの“コメディアクション”を観て、ちょっと面白かったりして。
 DVDは持ってても、意外と所有していると観なかったりするのよね。
 さぁて、次のジョニーとアントニオの共演は『Sin City2』という噂。
 重ねて、またもやロドリゲス監督の作品。
 今度はジョニーが主役だから、どんだけふざけた『Sin City』になるんだか、何となく想像のつくようなつかないような……。
 マリアッチシリーズでアレだけ目立ってくれたんだもん、フランク・ミラーの世界だったらやりたい放題じゃないのかなぁ???
 それこそ、コメディアクションになりそう。(爆)
 どっちにしても楽しみ♪
[PR]
by act-yuko | 2007-06-10 22:06 | 独り言

三年ぶりの“英語でしゃべらナイト”

 っつーのも、三年前に、アントニオが『SHREKⅡ』がらみでインタビューを受けていたものが放送されたが、実は、コレは来日時にNHKで収録されたもの。
 もう辞めちゃったから暴露しますが、このとき、りんごちゃんはNHKの中の、とある製作会社に勤めていて、同じ建物にアントニオが来ているのは解っていながら、スタジオを覗きに行くことも出来なかったと悔しがっていたのだが……。
 顔パスで通れる私でさえ、用事がないときのNHKは入りにくい。
 というより、無理。
 もっとも、民放局でも、仕事じゃないときは入れないけどね。(激爆)

 昨夜の放送も『SHREKⅢ』でのインタビューだが、実はアメリカで収録されたもの。
 そのことより、私は、田村英里子ちゃんが、あれだけ流暢に喋れて、しかもアントニオにインタビューできることの方が羨ましかった。
 ……アイドル全盛期の彼女からは想像もつかないわけで。f(^-^;
 私もがんばらなくちゃ。
 でもでも、英会話のフォローをしてくれている女性曰く、『言葉でどういう単語が並んでいるかがわからなくても、音が耳に入っていれば喋れるようになるから心配しなくても大丈夫』と、相変わらず、会話は出来ていると誉めてくれるが……。(--;

 アントニオの来日まで秒読みと見ている今日この頃、ちと焦りが出てきている私。
 NY、3年前の来日時ともに、直接アントニオに触れる機会はあっても、喋れなかったから、今年こそ……!!!

 あ!!!
 今年こそ!!と、お互いに年賀状に書き続けあった“おかも”(同級生)は、私の2回目より先に結婚しやがった!!!
 『今年こそ』って、決めない方がいいのかしらん?????
 
[PR]
by act-yuko | 2007-06-06 00:46 | 独り言