今年の映画No.1って……???

 まず、お知らせ。

e0072175_133331.jpg


 ゆーこのおともだちの、アキフミくんがギターをやっている、ソルエナジーというバンドです。
 下北沢でライブがあるので、お時間のある方、お近くの方は、遊びに行ってくださいな。
 ちなみに、CDも販売されているので、アマゾンとか、TSUTAYAとか、HMVとか、そんなところにも寄ってみてくださいな。
 よろしくです~♪

 ところで、↑本日のタイトル。
 実は、この時期よく聞かれるんですわ。

『お正月に何か観ようと思うんだけど、お勧めは?』
『DVDになってる作品で、今年面白かったものってない??』
『今年のNo.1って、ゆーこ的にはどの作品???』

 みなさんのリクエストにお応えしたいのはヤマヤマなんですが、オススメというのは非常に難しく……。(^^;
 というのも、皆さんお好みが違うので、私の趣味で勧めたら面白くないという話もなくはないので、どういう傾向の作品が好きなのか、せめてそのくらいの情報はいただかないとオススメしがたいんですわ。
 なので、今後、私にオススメを聞く場合、笑えるもの、泣けるもの、洋画、邦画くらいは選んで答えてくださらないと困りますのでよろしくです~。

 でも、『今年のNo.1は???』に関しては、かろうじて答えたが、実は、3作品挙げた。
 というのも、まったくタイプの違う作品3本の大ヒットに出会えたので、どれがNo.1というのも、ぶっちゃけ好みで回答するしかなく……。

 で、私が聞かれて答えている3作品、かろうじて順位をつけました。


 第3位 『BUKET LIST』(最高の人生のみつけかた)

  モーガンおじさんとジャックおじさんが、今後、同じスクリーンの中で拝めることがあるだろうか???
 そう考えたら、このキャスティングのなんとありがたいことか!!!
 普通の入場料(レディスデーに行ったので、1,000円で入りました)で拝ませていただけることが、どれだけありがたく感じた作品だか……。
 まぁ、ぶっちゃけ内容はどうということもない。
 ただ、冗談じゃないほど上手いベテラン二人を拝めたありがたさに、ただ、ただ感激。
 役者ゆーことしては、この上ない幸せでござった。
 ……最後に粋なオチがついてくるのも、この作品の泣かせどころですけどね。(^_-)---☆


 第2位 『ぼくたちと駐在さんの700日戦争』

 NO文句で大爆笑した作品。
 コレだけくだらないことに、大のオトナが真剣に取り組んで、冗談じゃないほど笑わせてくれる作品も珍しい。
 やっていることは、ホントに、真剣に、超ウルトラスーパーくだらない。
 でも、それがメッチャ面白い。
 ブログから小説に発展して、映画化された作品だと聞いたが、私に言わせれば、どーでもいいし、むしろ関係ない。
 映画ヲタが真剣に声を出して馬鹿笑いし続けたことに意義のある作品なのだぁ~☆
 もっとも、私は世代的にドンピシャのストライクゾーンだからというのもあるのかもしれませんが……。


 第1位 『ダークナイト』(THE DARK KNGHIT)

 あえて、『BATMAN』の名前をタイトルにしなかった作品。
 本サイトのほうには細かく書いたが、私は昔のバットマンシリーズから全部観ている。
 その上で、他にも面白かった作品はいくつもあったのに、あえてコレを1位に持ってきたのはそれなりの理由がある。
 まず、いつものおねえさんに『アメコミの実写という概念を覆されるよ。早く観て!!!』といわれて居たが、時間がとれず、行けずにいた。
 そこへ、うちの息子に『ものすごく面白かった。今日また、これからオールナイトで観に行くんだ』と言われ、封切られて1週間のうちに2度も観に行くという発言に完全に触発され、この私が珍しく1,800円払って、ネットで座席を予約してでも、次の日、朝一番で観に行ったという状態のもの。
 それでも、1年に一度たりともまともに払わない1,800円を、惜しいと思わないほどのショックを受けた。
 作品の面白さは言うまでもないが、亡くなったヒースの、文字通り怪演、アーロンの、主役を邪魔しないのにしっかりある存在感、更に、当然のごとく主役のクリスチャン・ベイルが言うまでもなく上手いのだが、主役が主役として暑苦しくなく、でも、ものすごく大きな存在の三角形の頂点を、間違いなく担っていて、その両端にヒースとアーロンが上手くつながっているバランスも面白かったが、いかんせん、そんな演議論の薀蓄を講じている場合ではない!!!
 おねえさんの言ったとおり、まさしくアメコミの概念を覆された。
 今までのバットマンシリーズとはまったく違うし、あえてバットマンの名前がタイトルになっていなかった理由も納得できた。
 ……あえて文句を言うなら、ヒロインがトムの奥さんじゃなくて、ジェイクの姉ちゃんになったのは、まだマシだったんだけど、でも、この辺クラスの女優さんじゃなきゃダメなのかな???
 マギーじゃなければもっとよかったんじゃないかと、密かに残念な私。(/_;)


 上位3位に惜しくももれた作品としては、『レッド・クリフ』とか、『20世紀少年』とかあるんだけど、↑の3作品と比較してしまうと、壮大で面白くても、その場で終わって後を引かないさっぱり感が物足りないというか、イマイチというか……。
 っつーか、この3位までの3本、濃すぎだよなぁ~。(激爆)

 そうそう、お正月映画のオススメ、今年は東宝が楽に勧められる作品を作ってくれました。
 是非、『K-20 怪人二十面相・伝』にお出かけくださいな。
 普段なら、作品を特定して勧めないんですが、コレは世代を選ばず、当たり障りのないところで、テキトーに楽しめると思います。
 まさしく、日本の正しい正月映画ですな。
 昔の、古き良き時代の東宝の看板作品という感じの映画です。
 楽しんでください。

 で、その後は、アキフミくんのライブもお忘れなく~☆
 よろしくです。


 はてさて……。
 本日は、いささか長くなりました。

 今年1年、応援、ご声援、ご支援、時にはアドバイスなど、本当にみなさまありがとうございました。
 来年も、変わらず、どうぞよろしくお願い申し上げます。
 よいお年をお迎えください。
 
 ( ^-^)∠※.。・:*:・゜`☆、。・:*:・゜`★
[PR]
by act-yuko | 2008-12-31 02:29 | 独り言
<< 今年も、年明けの年間行事、終了~☆ なんでぎふ駅伝やねん!!!!! >>