高校生の息子ねぇ~。((((((O_o;)

 社長がオーディションをダブルブッキングしてくれたおかげで、ちょっと面白い経験をした。
 実は、どっちも携帯電話のCMだったんだけど、ひとつは高校生の息子がいるお母さん。
 もうひとつは、とある、の~んびりした女優さんの同級生の役。
 前者が18:00、後者が18:30入りになっていた。
 場所がどんなに近くても、オーディションでこの時間設定は無理!!!
 社長に掛け合ったところ、さすがに納得してくれたらしく、前者を16:45にしてもらったが、
その結果を聞くまでに半日、現場に行ったら1時間押し。
 結局、社長の顔と、ケツカッチンの次アリで、優先繰上げしてもらって、さっさと済ませて次に生かせてもらえたが、その間に面白いことが起こる事、おこること!!!
 まず、カッチンが私だけだったために、完全に特別視。
 『売れてる人は違うね~』という目線の痛さが気持ちいいこと~☆
 このときは、一日にぶっこんでくれた社長に大感謝!!!
 先方でも、扱いも違えば、次がある人だという意識を持ってもらえる。
 要は、暇な役者ではないという印象になる。v(^^*)
 で、呼んでもらったときの波乱!!!
 先方の都合でルーム移動をすることになった矢先だったが、ケツのある人だからと、そのままオーディションを受けさせてもらった上に、やり直しも注文も出ず、即OK、ありがとうございましたになった。
 コレがどっちに転ぶのかは解らないが、何度もやり直しをしても雰囲気の変わらない前の受験者よりは、かなりスムーズな印象は、外で聞いていても持ってもらえるはず。
 この辺の売れっ子扱いは気持ちがいい。

 余談だが……。
 この、お母さんには17歳の息子がいる設定。
 私の相手役は、頭をツンツンに立たせて、リュック背負って登場した、ちょっとかわいい系の少年。
 ところが、この子だけじゃなくて、集まった男の子たち、みーんな美少年ばかりで、ちと気分が良かった。o(^-^o)(o^-^)o o(^-^o)(o^-^)o
 でもね、20歳で生んでれば、こんな少年くらいの子供がいるのかと思ったら、ぞーっとした。
 と、同時に、そういう歳になったのよね~。(-_\)
 いつまでも、保育園児のおかーさんじゃなくなったんだと思ったら、ショックだった。
[PR]
by act-yuko | 2005-08-02 22:12 | 独り言
<< はじめてジャズ → 入門 → ... うざい! うるさい!! 鬱陶し... >>