あー、ビックリした!!!

e0072175_2223062.jpg つい今しがた、けーちゃんのダンナから電話がかかってきた。
 ダンナの番号でけーちゃんが架けてきたり、けーちゃんの番号にダンナが出るなどということは珍しくもないことだが、ダンナが私に用があって架けてきたのは初めてだったので驚いた。
 まぁ、用件が用件なので、わからなくもないんだけど……。

 というのも、コレも全国の皆様に観てもらいたい作品のひとつだが、実を言うと、全国展開されるのがわかっている上で話せば、観てもらいたいレベルが、↓『レッスン!』の比ではないほどになるだろう作品“らしい”という予想の上での話しになるんですが……。

 ご存知のとおり、私は被曝二世です。
 意気込んで電話を架けてきたけーちゃんのダンナは、老人ホーム勤めで、毎日、現実の被爆者も介護している人です。
 更に、皆様ご存知かどうか、この『夕凪の街、桜の国』という作品は、広島だけ一週間封切が早く、今日から公開されている。
 で、けーちゃんが夕飯の支度をしている間に、雨が降っても濡れずに行ける隣のビル(東宝のシネコンが入ってます)で、ダンナは、息子ふたりもけーちゃんも置いて、『ちょっと行って来るわ』と、ひとりでさっさと観に行って、あまりに感動したので姐さんに電話しろとけーちゃんに喚いたのに、けーちゃんは忙しいので、自分で架けろと怒られて、結果、ダンナが架けてきたという顛末だったらしい。

 まぁ、顛末はともかく、高陽の古い家屋を使った撮影がいい感じだったとか、たまに気になる広島弁もあるけど、近年稀にみる、グッと来る作品だったから絶対観ろ!!!というひとことのために連絡をくれたんですわ。
 しかも、観てきたら感想を聞かせるようにという宿題つきで。(爆)
 けーちゃんのダンナの職場でも、観に行きましょうと宣伝しているらしいですわ。
 行く予定にはしてたけど、ちょっとビックリしたというお話。

 ところで、凪(なぎ)って、なんだか知ってます???
 瀬戸内海によくみられる現象で、夕方、風がなくなるときのことです。
 このときは、波が穏やかになるので、そのことと、桜を引き合いにして、原爆の話をするんだろうなぁと、タイトルからは想像しておりましたが、ダンナが直接電話してくるほどだから、相当なんだろうなぁ~。

 ↑こんなコトがあったとかおちゃんにも連絡したので、封切られたら早々に行きますわ。
 しかし、熱かったなぁ、ダンナ。
 そのあと、けーちゃんが電話を代わったら、『驚かせてゴメンねぇ~』だもんね。
 ダンナまで仲良しでいられる同級生っていいね。
 何か嬉しかった。

 でも、映画は別!!!!!
 まぁ、職業病患者にならないように、さらに、今回は二世だからと否定的に、悲観的にならないように、純粋に観れるように努力しますわ。
 作品を観てからの私の感想は、本サイトに載せますので、お楽しみに~♪
 でも、皆さん足を運んでいただいて、ご覧になったら、↓コメントしてくださいな。
 お待ちしてます。
[PR]
by act-yuko | 2007-07-21 22:08 | 独り言
<< ありがとうございました!!!!! みんな観てーっ!!!!! って... >>