ちょっと観たぁ~?????

 あのさ、私はさ、昔っから本広監督の作品は好きだよ。
 『スペース・トラベラーズ』にしろ、『サトラレ』にしろ。(『サマータイムマシーンブルース』は観損なったけど……)
 って書くと、要は、安藤政信の追っかけでしょ!!!とか言われそうだが、そうではなくて、本広監督の作品のドピーカン具合が好きなのだ~♪
 でも、単純にドピーカンじゃなくて、泣かせてくれるし、笑わせてくれるし、お土産持たせてくれるし、作品の温度が高いんだよね。

 で、木島丈一郎逃亡者よ。
 寺島さんって、若い頃からVシネとか、ヤクザ映画とか、怖い系のおにーさんが多いところへもって、あんな役じゃない。
 普通に考えたら、ピンで主役張れるタイプのカラーじゃない役者さんに取られがちだけど、それをレジェンド・ムービーと名づけてテレビで放送して、1週間後にはDVD発売、しかもきっかけになったユースケの『交渉人』に便乗でのツインパック!!!!!
 商売、上手いよねーっ!!!
 でもね、嫌味じゃなく、コレはありがたい、ほしいっ!!!って、単純に思えるほど作品に惚れ込めるだけの思いが持てるものを作る監督さんなんだよね。

 っていうのは、私がものを書いたことのある人間だから思うことなのかもしれないが、大姫にしても、まちゃにいにしても、私が気に入る作品は、わりと喜んで観てくれるあたり、何か作り手としての思いがリンクされる部分の大きいものがあるんだろうと思うわけで……。

 それを、私が本広監督に感じるのだ。
 蜷川さんや三谷さんの舞台は好きだが、お二方の映画の作品は、面白いとは思うし、確かに好きだが、作り手として感じるリンク部分は小さい。
 
 本広監督の便乗商売に諸手を上げて賛成するわけではないが、本来の『踊る…』シリーズよりは、私は真下&木島コンビの方が、もしかしたら好きかもしれない。

 『この度は、抜擢ありがとうございます』という、ユースケのオーディションでの勘違い発言が、その何年か後に主役で作品になると誰が思っただろうか。
 その作品で、ユースケをサポートした寺島さんが主役になるなんて、誰が思ってただろうか???
 って考えたら、ユースケじゃなくて、やっぱ寺島さんが好きなんだな、私。
 上手い役者を追うから、『逃亡者…』なのかも。

 テレビでもいいような作品がロードショームービーになったりするけど、今日の『逃亡者…』は正解だね。
 きっと映画館なら人は入らない。
 でも、テレビ放送なら、相当の視聴率を取って、尚且つ、一週間後の発売には、予約が殺到するよ、きっと。
 私だって買うかもしれないし……。(まだ決めてないけど)
 限定商品って銘打たれたら、勢いで買いそうになったもん。

 やっぱ、商売上手いよ、本広監督。
 コレだね、今日の感想。o(*^^*)o
[PR]
by act-yuko | 2005-12-11 02:40 | 独り言
<< 円高で輸出、円安で帰国??? 無茶したらダメなのね。(^^ゞ >>