やめられない、とまらない!!!!!

 今年も年間行事を着々とこなしている私!!!

 都道府県対抗男子駅伝観た人ーっ!!!!!

 いやぁ~、面白かった。
 3区で箱根の柏原くんVS村澤くんに、広島は中電の岡本君がガンガン追い上げてくれたし、2区と6区の3㎞の中学生区間はスプリンターが順位を入れ替えてくれるし、なんといってもアンカー対決ですわ。

 今年から中学時代の出身地でのふるさとランナーが認められることになったので、山口へ行っちゃった油谷さんは無視して、それでも1区で34位だった広島が、最終的には4位だったし、長野も千葉もすっごい追い上げで、結果としては5位、6位だし、ゴール前のレースは短距離かといわんばかりのスピードになるくらい、誰も諦めていないのがすごいよね。

 最終区が13㎞という、1/4以上の距離ををプロ級の連中が走るから、強い選手がいれば勝ちに来るのは当然かもしれないけど、最後の日本代表クラスの佐藤敦之くんと竹澤王子のレースは面白かった。
 あ、埼玉に追いつく、追い越した、竹澤王子、最後で先輩追い越しやがった、今までためてて、最後の100mくらいでスパートって卑怯くない???
 とはいうものの、このくらいのスピードで最後魅せてくれると面白いし、ゴール後に、佐藤敦之くんと握手している辺り、さすがスポーツマンって感じもしたし、気持ちよかった。

 その後ゴールした埼玉はともかく、その次の広島アンカーの明大生が、佐藤ユウキくんを追い越して4位になったのはすっごい爽快だったりして……。
 だってさ、日本代表クラスを追い越したと思ったら気持ちいいじゃん、今日は体調も良くなかったのにさ。

 この男子駅伝、女子駅伝には見られないところがあるんですわ。
 女子駅伝は、チームでガッチリ徒党を組んでいる感が強いのに、男子駅伝にはその傾向は低く、しかも、みんな顔が穏やかなんですわ。
 ものすごい形相で襷渡ししても、必死でゴールした後でも、選手も監督もスタッフも、みんな笑顔で終わって、周りの人にも笑顔で接しているのが、女子駅伝にはあまり見られないとこだと思われ……。
 だから、この都道府県対抗の男子駅伝はどーしても毎年見逃せないわけなんですが、でも実はそれだけじゃなく……。

 単純に広島を走ってるから見たいってのも大きな理由なんですけどっ!!!

 平和公園から宮島口を通り過ぎて少し先の、カープの練習場の近くまでの往復コースと、広島城の手前を回ってくるという妙なコース取りではあるものの、高校時代には見慣れていた町並みをテレビで見れるからというのもありで楽しんでるのも事実ですけどね。

 いやぁ~、面白かった。
 これだから駅伝はやめられないのよね~、って、私が走ってるわけじゃないんですけど、好きだなぁ~。(^^)v
[PR]
by act-yuko | 2010-01-24 15:29 | 独り言
<< 区切り回数!!! 髪切ったーっっ!!!!!(^^)v >>